仕事

仕事で成長したいなら結婚も一つの手

皆さんの中には、そろそろ結婚を考え始めている人もいるかもしれません。結婚に対してどんなイメージがありますか。もしかしたら、家庭のことに手を取られて仕事に集中できないと思っているかもしれません。実は、むしろ結婚した方がいいという結婚のメリットを書いていきます。

最初は私も不安でした

私が結婚をしたのは、妻が30歳になるからというかなり消極的な理由でした。正直、自分の今の稼ぎでやっていけるのかという思いがありました。これから先、子どもが生まれたらなおさらです。でも実際に結婚をしてみると、「なんで早く結婚をしなかったんだろう」と後悔をする羽目になりました。それは夫婦生活が楽しいというのはもちろんありますが、仕事の面でも結婚を機に自分が成長できていると実感しているからなんですね。ですから、皆さんもチャンスがあるのであれば、働き盛り手前の20代後半から30代までの間にぜひ結婚をしておきましょう。「まだ相手もいないよ」と言う人はいち早くお相手を見つけてください。具体的に私が感じた成長を書いていきます。

結婚をして仕事でもよかったところ

まずよく言われることですが、責任感が増します。自分が大黒柱なんだという自覚が生まれます。そのため、行動を効率化して、決断にかける時間が明らかに短くなりました。妻も働いているため、収入が単純に2倍とはならなくとも、大きく増えました。貯蓄も今まで以上にできるようになったので、万が一の時や将来への安心感が大きく増えました。このことも仕事に打ち込める要因となっています。一方で家事の負担は半分に減りました。正に、辛いことは半分に、楽しいことは二倍にということです。また、妻からアドバイスやアイディアを貰うこともあります。妻は門外漢なのですが、それってお客様の感覚に一番近いっていうことなんですよね。そういったことを思うのかと常に参考になります。

これから先の未来のために

まだまだ成長を感じた部分はたくさんありますが、この辺にしておきます。「結婚とは人生最大のリスクである」とはよく言ったものですが、私にとっては今のところメリットしかありません。なにより仕事においての成長を実感できた点が、我ながら意外であったし一番嬉しいところでした。これから先、子どもを授かるようなことがあれば、妻はしばらく働けないので、ますます私にかかる責任は増してきます。でも今は結婚前のような不安はありません。その責任感がきっと自分を成長させてくれると知っているからです。さて、皆さん繰り返しになりますが結婚は若いうちにしておきましょう。仕事にしっかりと集中することができ、これから先の人生がとても豊かになります。

関連記事

  1. 仕事

    クールビズの限界ってどの辺何だろう

    クールビズとういうキャンペーンが導入されたのは2005年のこと…

  2. 仕事

    昼寝も立派な仕事の一部?昼寝の驚きの効果とは

    みなさん「シエスタ」という言葉は聞いたことがあると思います。主…